外国人向けに料理教室をスタート!~場所やコンセプトはどうする?料理教室を開くポイント~

新しく料理教室を開くときに大切なのは、料理教室のコンセプトです。現代は、大手の料理教室チェーンや個人経営のレッスンなどが溢れており、テレビ・雑誌・ネットで無料のレシピが簡単に手に入ります。情報のネットワークが幅広いからこそ、料理教室を開業する前にポイントを押さえておきましょう。

料理教室のコンセプトやテーマを決めよう

料理教室のコンセプトやテーマを決めよう

強力なライバルがいる中で生き残り、数ある料理教室の中からレッスンを選んでもらうためには、“オンリーワン”のコンセプトを立ち上げる必要があります。まずは、料理教室のターゲットを絞り、生徒となる参加者のニーズを読み取ることから始めましょう。

例えば、ターゲットが一人暮らしの20代後半の女性と、子供のいる30代のママでは、求めるニーズが異なります。この場合、前者にはオーソドックスな家庭料理や時短料理が考えられ、後者は栄養バランスのとれた常備菜やお弁当などの講座が求められます。

「こんな料理を教えたい!」という気持ちは大切ですが、ターゲットの心にグサッと刺さるようなコンセプトを考えることが成功のカギです。

ターゲットの悩みを解決!スキルを活用した具体的なレッスン内容を考えよう

具体的なコンセプトやテーマが決まった後は、以下のような内容を決めていきます。

  • 一度に教える人数
  • 所要時間
  • 開催する時間帯
  • 月謝制か回数制か
  • 具体的なテーマ

一度に教える人数は料理教室を開催する会場の大きさにもよりますが、個人運営の場合は4~6人がおすすめです。これは所要時間や開催する時間帯にも関わってきますが、事前に仕込みが必要な場合も考えて、無理のない範囲で決めましょう。開催する時間帯はコンセプトや教えるテーマによって変わります。

ホームパーティーを開きたい専業主婦に向けた教室なら平日の昼間が集まりやすく、働く人に教える場合は平日の仕事終わりや土日が集まりやすいです。また、日本の家庭料理を教えるのか、イタリアの家庭料理を教えるのかでは、メニューはもちろん揃える食器や調理道具が変わります。コンセプトをさらに煮詰めた具体的なテーマを決めましょう。

料理教室は自宅で開ける?資格は必要?

料理教室は自宅で開ける?資格は必要?

料理教室を開くための場所は、レンタルスタジオやカフェの間借りなど様々な方法がありますが、予算や利便性なども考える必要があります。この場合、一番ハードルが低いのは自宅で開業することです。

料理教室を開くために必要な資格は特にないですが、自宅に不特定多数の人が出入りするようになるため、家族・近隣に心配をかけないための配慮が必要です。調味料や食器、調理道具の収納場所が足りなくなるといった可能性も視野に入れましょう。

自宅でも外国人向けの料理教室が開ける

外国人向け料理教室協会では、相模大野の教室を会場に、料理教室の運営や開催に関する一生モノのノウハウを提供しております。受講後にしっかり活躍できるように徹底的にサポートするので「私でもできるかな?」と不安に思っている人も安心です。自宅での料理教室開催や外国人と関わる仕事に興味がある方、相模大野で料理教室参加を希望している方は、一度ご連絡ください。外国人向け料理教室協会は、相模大野で講座を探している方をお待ちしております。

相模大野で料理教室に参加するなら外国人向け料理教室協会まで

団体名 一般社団法人 外国人向け料理教室協会
代表 富永 紀子
設立 2016年
住所 〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4丁目2−22
Tel 090-1849-7240
URL https://cookingforeigners.org/