外国人向けの料理教室の開催を目指すなら~和食を芸術に昇華させる盛り付け~

外国人が和食に魅了される理由は、低カロリーかつ低脂質でヘルシー、バラエティ豊かな食材を一度に食べられる、栄養バランスが整っている、食材の鮮度が良いなど様々です。特に注目されているのがその美しい「盛り付け」ですが、和食ならではの盛り付けにはどのような特徴があるでしょうか。

目で見ても味わってもおいしい和食

目で見ても味わってもおいしい和食

和食の盛り付けには、他の国の食文化にはない考え方があります。日本と同じ無形文化遺産に登録されているフランス料理においても盛り付けはとても重要ですが、和食の多彩さにはかないません。

和食ならではの繊細な盛り付け

海外の料理と和食には、立体感や空白を意識したり、料理をよりおいしく見せるために、赤・黄・緑・黒・白の5色をバランスよく配置したりと、双方に通じる盛り付け方があります。

しかし、和食は平盛や放射盛り、流し盛り、散らし盛り、立体盛りなど、他国の料理よりも盛り付け方がオリジナリティに溢れています。

器と余白を楽しむ

料理だけがメインではなく、食器との組み合わせも楽しむという考え方は、和食ならではの文化です。そこに盛り付けのテクニックが加わることで、表現方法や楽しみ方も広がります。

器の素材は、陶器・磁器・ガラス・石材など様々で、柄・大きさ・使い方も異なるため、料理をする人の腕の見せ所です。さらに、余白をあえて取り入れることで感覚的な美しさを演出でき、和食の美しさを引き立てています。

盛り付けは和食を特徴づける大切な要素

盛り付けは和食を特徴づける大切な要素

和食は健康的なイメージが強く、日本らしさを感じられる伝統的文化として人気です。

視覚で料理の味を楽しめるのも料理の魅力ですので、外国人に向けて日本文化を伝えるときには、和食ならではのテクニックや具体的な料理、食材についてのノウハウなど、日本人の感性を盛り込みましょう。

外国人向け料理教室の開催や講師業に興味がある方は、外国人向け料理教室協会にお問い合わせください。世界中の人に料理を通じて「和」の心を伝えることを目標に、家庭料理を教えることのできる認定講師の育成スクールを開講しております。外国人が日本での生活に早く慣れるよう、日本旅行の思い出作りになるように、料理教室の開講・集客に必要な技術・マーケティングのノウハウを講座でお伝えいたします。外国人和食教室は、四谷・相模大野・下北沢・吉祥寺(日曜日のみ)・大阪(本町)で実施しています。料理教室をお探しの方、アクセス先に悩んでいる方は、遠慮なくお問い合わせください。

四谷で料理教室に参加するなら外国人向け料理教室協会へ

団体名 一般社団法人 外国人向け料理教室協会
代表 富永 紀子
設立 2016年
住所 〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4丁目2−22
Tel 090-1849-7240
URL https://cookingforeigners.org/