民泊を目標に和食教室に参加!外国人向けのノウハウを学ぶ~民泊で異文化交流!和食で外国人をおもてなし~

訪日外国人旅行者の数が増える中、誰でも気軽に利用できる「民泊」が人気です。外国人観光客と密な交流をしたいとき、ホテルとは違った空間でのんびりと過ごせる宿泊先をお探しの際に適しています。

民泊とは?~気になる概要とメリット~

民泊とは?~気になる概要とメリット~

宿泊施設といえばホテルや旅館が代表的ですが、基本的に法律に則って許可を得ないと、運営することができません。それに対して、民泊は自分が持つ空き部屋などを宿泊施設として貸し出すサービスです。

アメリカで生まれた宿泊施設の仲介サービス「Airbnb」によって、民泊という言葉が世界的に認知されるようになりました。民間人が気軽に空いている部屋を貸し出すことで、宿不足の解消はもちろん、空き家問題の解消にもつながると期待されています。旅館やホテルよりもハードルが低いのも特徴です。

2020年に控えた東京オリンピック…注目される民泊

2020年に控えた東京オリンピックは、日本を活気づけることに加え、大きな経済効果を生むと期待されています。宿泊施設の不足を防ぐために、外国人観光客やボランティアスタッフ向けに民泊が注目されていますが、実は1964年の東京オリンピックのときにも民泊のシステムが取り入れられていました。

当時、東京都は宿泊施設の不足を懸念して、約600世帯で外国人観光客を受け入れました。グローバル化が進む現代と違い、海外の文化に不慣れな時代でしたが、宿泊者(ゲスト)と宿提供者(ホスト)との交流は、お互いの言葉・文化・生活を知る上で貴重な体験でした。現在は、2020年の東京オリンピックに向けて、様々な取り組みが検討されていますが、再度民泊が重要視されています。

民泊と和食で外国人と交流できる

民泊と和食で外国人と交流できる

外国人観光客の多くは、「お金をかけずに旅行したい」「現地の人と交流したい」「日本料理について知りたい」という思いを抱いています。

訪日外国人観光客も増えていますが、密な交流を求めている場合は、民泊と和食を組み合わせたサービスがおすすめです。交流のホームとなる家と、日本の伝統文化である和食を提供することで、自宅でも外国人との交流のチャンスが生まれます。

「和食教室を開きたい」「外国人に和食の魅力を伝えたい」「民泊で外国人と出会うチャンスを掴みたい」という方は、外国人向け料理教室協会へお問い合わせください。四谷や相模大野、下北沢、吉祥寺(日曜日のみ)、大阪(本町)などを会場に外国人和食教室を開催しており、外国人向けの日本料理や運営、開催のノウハウを学べる講座をご案内しております。完全独立で和食教室を始めたい人はもちろん、講師として活躍もできるので、民泊を利用して外国人をおもてなししませんか?興味がある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

四谷で和食教室をお探しなら外国人向け料理教室協会へ

団体名 一般社団法人 外国人向け料理教室協会
代表 富永 紀子
設立 2016年
住所 〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4丁目2−22
Tel 090-1849-7240
URL https://cookingforeigners.org/